FC2ブログ

プロフィール

miho

Author:miho
わたしがわたしらしく
あなたがあなたらしく

https://www.instagram.com/imacoco.39

いくつになったの

いくつになったの

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

☆おすすめ本☆

☆あすすめ本☆

☆おすすめ品☆

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

感銘文✨【佐治晴夫さん】

【感銘し遺しておきたいことシリーズ】

宇宙創生に関わる『ゆらぎ』研究の第一人者
理論物理学者
佐治晴夫さんインタビューより

『目に見えるものが
すべてではない』

童謡詩人の金子みすゞが「星とたんぽぽ」で謡っているでしょう?
“昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ。見えぬものでもあるんだよ”と。
宇宙の中で私たちの目に見えるものはたったの4%。96%は見えないもの、正体不明なものだけど、確かに存在する。

健康な人の脳波や心拍の変動は、自然界の“ゆらぎ”に近いことがわかっています。
私たちも明日のことを半分は予測できて、あとの半分は予測できないからこそ明日に夢を託して生きられるわけですよね。
自然のからくりも、私たちの心の動きも、すべては宇宙の根源的性質をそのままに反映しています。
それはつまり、私たち自身が宇宙のひとかけらの証だということです。

人間を含めたすべての生物を構成する主要元素の優先順位は水素、酸素、炭素、窒素で、実はこれは宇宙を構成する主要元素とほぼ同じ。

人間はひとりでは生きられません。
環境や相手あっての自分です。
水が水ではない水素と酸素からできているように、私は私でないものによって私になっています。
自分というのは「自」然の「分」身。
自分を知るためには、自分を取り巻く環境や周囲との関係性を知ること。
身近な周りだけでなく、最も大きな宇宙を知ることです。
なぜなら私たちは宇宙から生まれたのですから。

138億年もの昔に誕生した宇宙に比べれば、私たちの一生はほんの一瞬。
でもその一瞬が無ければ、宇宙時間もそこで途切れるわけだから、くよくよせずに、星空を見上げてみては?

🌏✨🌍💫🌏✨🚀

新潟県出身の5回臨死体験をしたという!!小林健さんも、死んだあとに行く世界、いわゆるあの世は宇宙だった。と仰ってます。

身体あっての今世。
身体を大切に
今 を楽しみましょう🎉

Today is a GIFT 💝

201902142109315bf.jpeg
スポンサーサイト

<< 感銘文✨【佐治晴夫さん2】 | ホーム | Today is a GIFT への気づき⓪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP