プロフィール

みほ

Author:みほ
新潟市海っぱた在住 
*2005/8/3(長女*2009/8/9(次女)*の二人娘との日記を綴っています☆

いくつになったの

いくつになったの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

☆おすすめ本☆

☆あすすめ本☆

☆おすすめ品☆

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤとエビのマヨネーズ炒め & 天皇様御一行


実はこれ、いただきもの^^;

今年、マンションの玄関の所にあるフェンスに、ゴーヤがいっぱい実った☆

”よかったらどうぞ”
と、色々な形に育ったゴーヤが、玄関ホールに何回か、並べられていた。

そのゴーヤをお世話してくれていた方が、親切にも、レシピと作り立てのゴーヤ料理を分けてくださいました♪


美味しい!!
コンデンスミルクが生クリームのような感じになっていて、女子好みなお味♪
これならゴーヤがいっぱい食べられる!!

もっと早くに知りたかった~~~。
今回が最後の収穫でした。

でも買ってきて、一度作ってみようっと。
ベーコン合いそう♪

レシピは続きで。
ごちそうさまでした☆

*****************************

天皇両陛下が来県していた日。
帰宅した時、やたら近所に警官がいっぱい。
何だろう?と、野次馬心で聞きにいったら、”両陛下がここを通られます”とのこと。

こんな機会は滅多にない☆
と、近所のおばさま達に混ざって、警察の方の注意点を聞いたり、拍手の練習(笑)をしながら、待つ事10分くらい。。。

”3”の数字を掲げた車が通過。
両陛下の一行が車で、あと3分。という意味の車なんですって。”へ~~~。”

今度は”1”を掲げた車。
あと1分!!

気分は盛り上がり。。。

黒塗りの車の列が見えてきた!!
”どこ!?どこ!?”
”2代目の旗のついた車!!”

”あ!あれね!!”

と、”よし!!カメラの角度は大丈夫かな?”と、一瞬目線をカメラに落とした瞬間。。。

両陛下を乗せた車はあっと言う間に過ぎ去り。。。

私が目線をあげた瞬間に、白い服をおめしになった皇后様が一瞬見えただけで、
あとはその後ろに続く、車の行列を見送るはめになっていました。。。

あああぁぁ。。。。肉眼でちゃんと見たかった!!

でも、一瞬見えた皇后様は、一目でも鮮明に脳裏に残るほど、スッキリと神々しいお姿でした。(大げさな表現だけど本当!!)
忘れられない一瞬でした。


そして肝心なカメラには。。。
動画で撮っていたのですが、ちょうど両陛下が映りそうな瞬間に、画面から外れていた。。。
そんなもんです。私。はい。。。


抱っこされていたりっかは、わけわからず^^;
車の行列を大人しく見送っていました^^


大勢の新潟の人々に感動を与えたことでしょうね☆




同じ日、デパートのゲームセンターのカラオケマシンで熱唱中のりっか。
まだお金を入れて遊ぶ事を知らないりっか。。。
いつまでこの方法で遊ばせることができるかしら?笑^^;
庶民ですな~~~。
         



参加しています☆ポチッと押すと、嬉しい一票。


☆ゴーヤとエビのマヨネーズ炒め☆(二 人分)

ゴーヤ 1/2本
エビ 8尾
塩こしょう 適宜
酒 大さじ1
サラダ油 大さじ1
A (マヨネーズ 大さじ3、コンデンスミルク 大さじ1、塩 小さじ1/4)

1)ゴーヤは縦半分に切る。種を取って5cmの棒状に切り、塩(小さじ1/3)をまぶす。
  エビの背中に包丁を入れ、背わたを取り、塩こしょうをする。
2)フライパンにサラダ油をしき、軽く水洗いしたゴーヤと酒を加えて炒める。さらにエビ を加えて炒める。
3)仕上げにフライパンにAを加えて、よく絡めたらできあがり☆

ニンニクのみじん切りを2)の時点で加えても美味しいんですって。
今回私が食べたのは入ってなかったけど、十分おいしかったです♪




スポンサーサイト

<< 懐かしの。。。 & タコ公園 | ホーム | ★SONIC FESTIVAL 2008 ★  & 成長日記 >>


コメント

こないだは、ありがとうございました!
仕事中なのに。。。失礼しました。
悩んでます。まだ・・・。思い切ってクマさんの絵をかくか!?この土日勝負ですかね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。